google ad

日記

【FX HOTEL】台湾旅行に行ってきた

更新日:

 

2019年の年末は、東京から4時間程度でいけるプチ旅行で台湾に行ってまいりました。

FXでプラスの収益が出せましたので、今まで行ったことのなかった台湾にいきました。

親日家が多いといわれる台湾は、東日本大震災の際にはどの国よりも多大な寄付をしていただいたので、お礼という意味合いも込めて。

台湾の気温・時差

地図上では沖縄よりも南に位置する台湾。

12月下旬だというのに、台湾はとっても暖かく、半そでで過ごしました。

長い夏と短い冬があるそうです。私が言った12月下旬は、摂氏25度でした。

タクシーは冷房が入っているし、ホテルは暖房が無いし、この国はなんて国だっ。って心の中で思ってました。

夜は少し寒さを感じますが、暖房を入れるほどではなかったです。

時差は、日本よりも1時間遅いです。(台湾が朝の8時なら、日本は朝の9時)

台湾のお金

台湾のお金は、ニュー台湾ドル

現地では、1ドルを、1元(げん)と表記されることも多いです。

2019年12月時点で、1ドルは、3.7円でした。

覚え方は、パチンコ1玉4円と同じと覚えました。(一回で覚えられました)

お金は日本円で8万円持っていきました。恐らくカードで済ませれるところも多いだろうと少な目に持って行ったのですが、

結果、ぎりぎり間に合った感じでした。ニューヨーク・タイムズにて世界の10大レストランに選ばれたことで、一躍その名前が世界に知れ渡ったあの「鼎泰豊(ディンタイフォン)」でさえも、キャッシュオンリー。カードが使えんとです。ブヒッ

「小籠包好きな日本人なら誰でも知っている、日本の高島屋では行列の絶えない、台北に本社がある小籠包の名店で」です。キャッスレス日本よりもおそっ!って思ってしまう出来事でありました。

ちなみに、両替は、旅行前日にワールドカレンシーショップで行いました。(空港で両替するよりもレートが良いとの情報があったので。)

持ち物

  1. お金
  2. カード
  3. パスポート
  4. スマホ
  5. 数日分の下着

1.お金

お金はキャッシュは日本円で8万円 ニュー台湾ドルでは、3.7を掛けた数字ドルです。

2.カード

カードはVISAとMASTERを持っていきました。海外はJCBが無理なところが以外と多いため持っていきませんでした。また、向こうで使えなかったり、カードを挿入したら呑み込まれてしまったりといったトラブルにも備えて、それぞれ複数枚持っていきました。保険はカードに付帯しているものをあてにしたので、空港にて保険の契約はしませんでした。

持って行ったカード

  • エポスカード(招待されれば、ゴールドでも年会費無料)
    • 「空港ラウンジ」特典も利用無制限、最大2000万円の海外旅行傷害保険自動付帯
  • 楽天カード(そろそろ解約するかも)
  • セディナカード(キティちゃんかわいい)
    • 使うときにカードがわかいいので、自然と現地の店員さんと会話が発生します♪セディナアプリで買い物が一目でわかる。
  • UCSカード(マイメロかわいい)
    • これもめっちゃ可愛いカードなので、店員さんの目がになります。

マイメロ

  • イオンカード(ゴールドでも年会費無料) 国内6空港のラウンジ利用可、最高5000万円の海外旅行傷害保険利用付帯

メインはエポスカード。イオンカードも持っていく。セディナとUSCは、1軍が無理orウケそうな時に提示の2軍。楽天は契約したときのボーナス(ポイント)目当てで利用し始めたもの。

エポスは、専用のiPhoneアプリが利用しやすいのと、カードを使用したらすぐにメールで連絡があるため、不正使用防止&何の購入に使ったかド忘れ防止にとても役立ちます。

ちなみに、私は、マルエツカードも持っております。普段マルエツで買い物するときはマルエツカード。特に日曜日は毎回5%OFFになるので、とってもお得です。

 

3.パスポート

これを持たずに海外にいけたらすごいです。怖いものなし。作るのに時間がかかるので、余裕をもってつくりましょう。

日本では、出国・入国時に、機械で顔認証します。台にパスポートを置いて、コンピューターに顔を認識され、生身の顔と比較されます。

ちなみに、台湾では、カメラの方を向けと言われ、カメラに撮られ、さらに、両手の指紋を採取されます。

私の指紋が悪用されたら台湾でとられたやつです(笑)

パスポートはなくさないように、ケースに入れて掛けておくと便利です。

4.スマホ

スマホは、日本のキャリアをそのまま海外で使用すると死にます。パケ死、大やけど、重体、破産もあり得ます。破産は言いすぎましたがそれくらいやばいと思って準備してください。

準備は、海外で使えるwifiをレンタルして持っていくことです。

私は、複数調べて、グローバルWiFiか、イモトのWifiが最安値だったので、2択で迷いました。

ほぼ同じサービスなので、広瀬アリスのグローバルWifiに決めかけていたところ、

たまたま、イモトアヤコさんが世界の果てまでイッテQのプロデューサーとの結婚祝いセールで、50%オフだったため、イモトのWifiを選びました。

イモトアヤコさん、末永くお幸せに♪

5.数日分の下着

上着などはかさばるので、もっていかず、下着だけ持っていきました。最悪、困ったら向こうで買えば良いんです。安いです。ユニクロもH&Mもありますが、それよりもっと安い店もあります。大丈夫です。(靴下は、ダイソーで買い溜めですw)

 


 

旅程

1日目:湾松山空港着 → 南京復興駅 まで電車 → 駅徒歩4分のFXホテルに荷物を預けて → 東門 → 腹ごしらえとショッピング → ホテルでお休み

台湾松山空港から電車に乗って南京復興駅まで行くまでの車窓からの風景がなかなかえぐい。ぼろい建物ばっかりで、コンクリートが一部おちてたり、廃墟っぽかったり。

逆にワクワクしました。

日本は木造の家が多いですが、台湾は木造一戸建てがあまり見当たらなく、コンクリートの集合住宅や戸建てがほとんどでした。

ホテルは安いのに綺麗で満足です。シャワー室がガラス張りのところを除いてはね。ハレンチすぎです。と何度もおもいました。FXホテル

このホテルは価格の割に素晴らしかったのと、「FX」という名前にワクワクしてしまい即決しました。

台湾では、株式のテレビ番組がありまして、チャートの開設を色々な株銘柄でしておりました。

何言っているかは分かりませんでしたが、チャート分析をテレビでするなんて、日本ではないなぁと、感心しました。

フロントに日本語がわかる台湾人が一人いたので助かりました。

東門までタクシーで行き、かの有名な「鼎泰豊(ディンタイフォン)」にて、点心を頂く。TRFのDJKOOも満足ですよ。

ちょうどお昼時に行ったからか、90分待ちの札をもらって、ぶらぶら街歩きをして時間つぶしましたが、結局3時間以上待ちました。

3時間待つ価値ある味かどうか? いいえ、違います。 むしろ新宿高島屋の方がおいしい気がしますので、あまり待つようならあきらめが正解です。

時間つぶしで入ったお店

時間つぶしで入ったお店

 

2日目:お昼近くまで熟睡 → 西門でショッピング → 子どもが体調崩してホテルへ → 夜市

台湾の地下鉄はONEDAY PASSがお得

台北の地下鉄はONE DAY PASSがお得

台北は地下鉄がとても発達しており、上の写真の「ONE DAY PASS」をSUICAのように、ピッとタッチして色々な地下鉄に乗って好きなところへ行けます。150元です。西門は、日本でいうと渋谷のような印象でした。

子どもが熱っぽくて、体調が悪いというので、ホテルに戻って体を休めました。

夜は、夜市へ。

MRT劍潭駅からの夕景

MRT劍潭駅でおりてすぐ、台北で最大級の夜市、士林夜市へ。台湾B級グルメを食いだおれ。

士林夜市

 

3日目:お昼近くまで熟睡 → 電車で、九份へ → 九份観光 → 夜市 → 中山でショッピング

南京復興から、地下鉄で台北駅まで行き、そこから地上の電車で忠孝復興駅へ。(指定席がおすすめです。)で、タクシーで九份へ。

九份は、昔ゴールドラッシュに沸いた町のようです。歴史を感じて歩きました。台北は晴れていましたが、九份はあいにくの小雨。霧がかかって、あの景色が全く見られませんでした。クシュン(´;ω;`)

千と千尋の神隠しで有名になったせいか、九份の中にあるお土産屋さんは、かおなしの鉛筆やボールペン、コップやバッグ・時計など、色々なジブリグッズが売っておりました。正規品かどうかを問題とするのはもはやナンセンスですね。宮崎駿監督も許しますでしょう♪

幸福堂のタピオカが一番おいしかった

幸福堂のタピオカが一番おいしかった

台湾でタピオカを色々と飲みましたが、全部おいしいですね。しいて言えば、幸福堂の黒砂糖たっぷりの中で煮たタピオカがおいしかったです。上の写真はお茶ですね。。おすすめはこれです。

 

夜は恒例の夜市。松山駅から近い、饒河街夜市(ろーへがい よいち)。ここは、士林夜市よりコンパクトで、食べ物系が充実している印象。そして、直線なので、歩きやすい。ここの夜市の胡椒餅(フージャオビン(こしょうもちでは通じません))がおいしかったです。胡椒がとっても効いたとてもジューシーなお肉をパンで包んだものをナンなどを焼くような、石窯で焼いた感じです。お店によっていろいろと味が異なります。ここの胡椒餅は皮がフランスパンのように硬かった。個人的には士林夜市の胡椒餅がすきかな。タピオカの次に胡椒餅、日本上陸くるんじゃない?

➡台湾に移住した人の胡椒餅記事

その後、中山駅へ。

ここは、日本でいう銀座のようなところらしいです。今まで見てきた台湾とは異なる人種がおりました。おしゃれで上品な方々が多いです。

私は、どちらの台湾も好きですが、ずっとB級グルメエリアだったので、少しつかれていたのもあり、ほっとしました。

 

中山 クリスマスイルミ

中山 クリスマスイルミ

4日目:ホテルをチェックアウト → 故宮博物院 → 龍山寺 → 東門観光 → 松山空港 → 日本へ帰国

台湾旅行最終日。まずは、タクシーで故宮博物院へ。ここは、お宝がたくさん展示してある場所。なかでも、一番のお宝は、下のはくさいと、角煮。角煮はどこかほかのところへ展示されているようで、ハクサイのみ。

どうです?ハクサイが国宝って素晴らしいでしょ?10cmくらいの高さがあったかなぁ。何がすごいかわかりますか?

私はわかりません。

中国人観光客がぐいぐい割込みしてくるので、やっと撮れた一枚。押すな押すな!!ダチョウ俱楽部かよ。国宝級です。

はくさい

はくさい

はくさいより仏像の方が普通にすごくね?ありがたくね?と思うのは、私が人として未熟だからでしょうか。

その後、白タクで350元かけて、龍山寺へ。故宮博物院で日本語ペラペラのおじいちゃんにつかまってしまい、「ま、いいかな」とおもって白タクしちゃいました。後から、調べると、結構危険なことだったのかもしれないと反省です。このおじいさんはいい人だったので良かったです。

このあと、また東門へ行き、マンゴーかき氷をたべて、松山空港へ。

松山空港では、タイ料理のトムヤムラーメンを食べました。すごくおいしかった。

日本で年末を過ごすような、「だらだら過ごす(いい意味で)」ことが目的の旅だったので、あまり行動範囲は広くないです。行きたいところを分単位のスケジュールで行く旅行も充実していますが、たまにはこういうだらだらの旅もおすすめです。

気軽に行けて、のんびり過ごせる台湾はおすすめです。田舎の方には行けなかったので次行く機会があれば、台北以外もいきたい。古き良き、どこか懐かしい感じのする台湾に出会いたい。

来年はもっと稼いで、ビジネスクラスで旅行に行くことを目標にがんばります! タピオカおいしかった。日本に戻ってからもタピオカ飲んだけど、全然違う飲みものって程に違った。

 

台湾のプラン作成用の本

初心者向き

しっかり調べたい人向き

created by Rinker
ダイヤモンド社
¥1,650 (2021/08/04 04:33:26時点 Amazon調べ-詳細)
shoko09e-224478823987
▼下のボタンをクリックして投資ブログをチェックしてみてください♪FXブログが沢山あり参考になると思います。▼


にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ FX OL投資家へ
にほんブログ村 為替ブログ FX 副業投資家へ
にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ

handle square ad

handle square ad

google ad

-日記
-, ,

Copyright© My Way , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.