google ad

FX

マジカルチャートのエントリー注意点

更新日:

シグナルに関する基本的なルール

FXism Official Partnerが2018年12月5日に開講しました。

朝の7時にメールがあり、専用サイトへの登録の案内があった。

早速、覚書として、マジカルチャートの取り扱いルールをメモしておきます。

  1. シグナルのみでエントリーは絶対にしない
  2. シグナル+「6つの型」 シグナル+「6つの型」+カレンシーアナライザー(根拠が合致する場面や通貨ペアが勝ちやすい)

5日は混雑しておりなかなかサーバーに接続が出来ずです。facebookを作成して、グループに参加しようと思います。

億トレーダーを目指します。

6つの型は、主に、押し目買い、戻り売り、上げすぎの売り、下げすぎの買いに分類され、それぞれ15分MAと1時間MAとローソク足との位置関係をみて、リスクリワードの合う場所でエントリーです。

FXは勝ちやすい時間帯でやる

重要なのが、FXは確率論ですので、相場への参加者が多ければ手法は上手くいくということです。

例えば100人いて10人がへんてこなトレードをしたら、全体の一割がへんてこトレーダーになります。これが、10,000人いて10人がへんてこトレーダーでもその割合は、全体からすると微々たるものなので、確率論が通用するのです。

そういったこともあり、トレードをするには、相場参加者が多い時の方が勝ちやすい

ただ、多ければよいというのも一概には言えなくて、欧州時間(16時~21時頃まで)は、素直なトレンドが発生しやすいし、値動きもあるが、NY時間(22時頃~翌1時頃)は、難易度の高い相場と一般的に言われています。相場に参加する者(欧州と米国)の思惑が入り交ざっているので、素直なものとはなりにくいんです。

そういった意味でも、FXを始めたばっかりの時は、欧州時間の方が勝ちやすいです。

でも、日中仕事をしていると、なかなかチャートをじっくり見ることはできませんよね。なので、会社員は、NY時間を攻略する必要があります。

技術とメンタルを鍛えるには経験値が必要

私は、エントリー後にすぐにチキン利食いするクセがあり、チキン利食いばかりしてしまうと、リスクリワードが合ってこないのです。ポジションをしっかりと握る力を鍛えるには、"場数を積む"必要があるという結論から、MT4のストラテジーテスターを使って休日にピコピコ動かしてみました。すると、もちろん負ける時もあるのですが、エントリー時に想定していた指値まで行ってくれるケースの割合が高いことを証明できたため、「よし、行ける!」と、過去の実績(成功体験)は作れました。このことはチキン利食い対策にはとても効果がありました。

また、チキン利食いする原因に、ロットを張りすぎという話もあります。確かに、握るロット数を下げると、緊張感は一気に下がり、握力は上がります。これでうまくいく人は、是非この方法でやってみてください。ただし、最終的には、FXで大きく稼ぐことなので、資金量に合わせてではありますが、「ロット数を上げる」という課題には直面します。

ロットが高くとも、「トータルで勝てる」という自信があれば、その1トレード(時には連続数トレード)がたとえ損切りに合っても、全然落ち込まないです。その「自信」ってどこから来るのか?というと、トレードをした「経験」からしか来ないと思います。

プロのスポーツ選手が毎日基本的な練習を繰り返すのと同じ理屈です。

ですので、マジカルチャート、天才チャートの理屈を頭に叩き込んだら、ひたすら練習する事で、技術もメンタルも鍛えられるということになるのです。

本当にお勧めの方法ですので、MT4のストラテジーテスターや、デモ口座などで、沢山の経験値を積んで技術とメンタルを高めましょう。

1日や2日で身につくものではないですが、続けていれば、必ず「変わった!」と実感できる時がやってきます。

まずはそこの域まで、がむしゃらに練習することが第一目標ですね。

デイトレ大百科 デイトレ大百科

 

プロコン改 プロコン改

 

created by Rinker
¥1,650 (2021/10/17 21:23:11時点 Amazon調べ-詳細)
shoko09e-224827211817
▼下のボタンをクリックして投資ブログをチェックしてみてください♪FXブログが沢山あり参考になると思います。▼


にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ FX OL投資家へ
にほんブログ村 為替ブログ FX 副業投資家へ
にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ

handle square ad

handle square ad

google ad

-FX

Copyright© My Way , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.