google ad

FX

【FXism】マジカルスイングチャートについて 特徴やルール

更新日:

FXism マジカルスイングチャートはサラリーマン OL の強い味方

私は、今年に入ってからは、本業が忙しく、チャートを全く見ていませんでした。今となってそのことについて、全く後悔はしておりません。もしも、FXトレードをしながらだったら、本業の今の成功は無かったと確信しております。それほど、1分1秒を割いて勉強してました。

今後は、仕事の責任も増すため、これまでのような、5分足メインのスキャルピングもしくは、デイトレードから、スイングトレードへとシフトしていきたいなぁというのが、最近の思いです。

指値と逆指値を置いて、後はほったらかしし、4時間に一度程度チャートをみるだけという形で片手間でトレードしたいんです。

チャート分析に割く時間を、筋トレや読書、家事などに充てていきたいと思い始めております。

なので、マジカルスイングチャートにどっぷりおせわになろうかなあというところです。

私のマジカルスイングチャートは、OANDAで再現しておりますが、こんな感じです。

売りと買いのポジション数も表示させており、5分毎に更新されます。

マジカルスイングチャートの特徴

  • 4時間足
  • 対象通貨は、5つ(USDJPY,EURJPY,GBPJPY,EURUSD,GBPUSD)だが、レンジブレイクをしてトレンドが発生していれば、全てが対象となる。
  • 赤 移動平均線4時間10SMA
  • 緑 移動平均線4時間20SMA
  • 紫 マルチタイムMA 日足75SMA(抵抗線)
  • 桃 マルチタイムMA 日足200SMA(抵抗線)
  • ボリンジャーバンド 2σ 3σ
  • 買いと売りのシグナルが表示される(シグナルアラートが鳴る)
  • 赤が緑を上抜けで買い、赤が緑を下抜けで売り

【メリット】

サラリーマンなどの忙しい人でも、4時間に一度チェック
【冬時間】7時、11時、15時、19時、23時
【夏時間】6時、10時、14時、18時、22時

コツコツ損切りしてドカンと利益を取る。
トレンドのある時にトレードをし、レンジを回避。

【デメリット】

毎日トレードチャンスがあるわけでは無い。

ポジションを日をまたいで持ち続ける場合、海外FX口座の場合は、マイナススワップが付きやすい(現時点で売りも買いもマイナスの通貨多い)

大きなpips数を取れるが、レバレッジを効かせると危険すぎるので、少しずつしか資金が増えない。

 

と、そんなところです。

でも、10年勝ち続ければ、複利効果で、余裕で1億貯まりますので、コツコツやれるのであれば、私の理想の生活には近いのかなあとぼんやり思っております。

ちょっと、まだやりたい形ではないので、明日はトレードするかどうか分かりませんが、徐々にシフトしたいという思いを書いておこうと思いました。

 

マジカルスイングチャートの基本ルール

①買いのエントリーポイント

青色の上向き買いシグナル発生で基本的に買いエントリー

②買い決済ポイント

決済は、4時間20SMAを下抜けて終値が確定した位置、
または4時間20SMAの下-20PIPSが目安
トレーリングストップを行うので後者の決済が基本ルール

③トレーリングストップ設定

買いエントリーした後、すぐにストップロスを4時間20SMAの下-20PIPSの位置に設定

4時間毎に4時間20SMAが移動するので、移動した分をストップロスを動かし、-20PIPSを常にキープ。

売りは買いの逆を実施。

 

 

▼下のボタンをクリックして投資ブログをチェックしてみてください♪FXブログが沢山あり参考になると思います。▼


にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ FX OL投資家へ
にほんブログ村 為替ブログ FX 副業投資家へ
にほんブログ村 釣りブログ 東京・東京湾釣行記へ

handle square ad

handle square ad

google ad

-FX
-, , , ,

Copyright© My Way , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.